ハワイ語 | ハワイウェディング口コミサイトマイカイ!

ハワイウェディングの口コミ情報サイト-マイカイ!-
ロイヤルカイラウェディング
マイページログアウト
トップページ > ハワイの基礎知識 カルチャー ハワイ語

ハワイ語カルチャー

ハワイ語とは

ハワイ語の言語系統はオーストロネシア語族と呼ばれ、ハワイ人に先祖代々伝わってきた言語です。
オーストロネシア語族自体はマダガスカル島からイースター島まで幅広い地域で使われていますが、ハワイ語はというと、1778年のハワイへ西洋人が上陸して以来、ハワイに住む人の約1%の人が話すのみと非常に少なくなってしまったのが現状です。
ハワイ語はハワイの歴史の中でも比較的最近に復活し、今では多くの人がハワイ語を学び、ハワイ言語を広めようという動きも出ています。

ハワイ語の歴史

ハワイ語は一体どこからやって来たのでしょう。
ハワイに最初に移り住んだ人達は、タヒチやマルケサス諸島からやって来たといわれています。そのタヒチやマルケサス諸島に移り住んだのはサモア諸島から来た人達だとされており、色々な場所からの言語が混ざっているという説が有力です。
ハワイ諸島にクック船長が到着するまでは、ハワイの人々は口語のみで生活していました。クック船長と船員達はハワイの言語を記録する際、すぐにその言葉がマオリ人やタヒチ人の話す言語と似ていることに気付きました。その後宣教師がハワイに到着すると、彼らはハワイの口語を書き言葉に直し、ハワイ人にハワイ語の読み書きを教えました。
これにより宣教師がハワイ人に聖書をハワイ語で伝えられるようになったのです。

ハワイ語の禁止から復活まで

長らくの間ハワイの第一言語とされてきたハワイ語ですが、1898年にアメリカの領土としてハワイが併合されるとハワイ語は正式に学校と政府から外されました。カメハメハ学校と呼ばれるハワイ州の家系の子供のみが通っていた私立の学校でさえ、ハワイ語の使用が禁止となっていたのです。
しかしアメリカ政府が反対をしてハワイ語を禁止したのではなく、人々は日常生活の中でハワイ語を話していたといわれています。また、実際に新聞もハワイ語で書かれていたものがありました。1978年にハワイ語はハワイ州の公用語として認められ、1989年には連邦政府によるハワイ語言語導入プログラムが始まりました。
クック船長がハワイ島に辿り着いた頃は、50万人ほどのハワイ人が住み、ハワイ語を話していました。今日では約1,000人のハワイ現地人と、8,000人のハワイ語学習者がおり、だんだんハワイ語を話せる人が増えてきています。
しかし、現状としてまだ消滅危機言語であることに変わりはありません。ハワイ諸島のほとんどの地域では英語が使われており、ハワイ語が日常会話に使われることは少なくなってきています。しかし、せっかくハワイウェディングを叶えるなら、やはりハワイ語の知識は少し入れておきたいものです。ハワイは口コミでも人気のウェディングスポットですから、ハワイに行く前にはハワイ語を勉強しておくと良いでしょう。

ハワイ語の基本

ハワイ語は、基本的に5つの母音と7つの子音で成り立っています。加えて「オキナ」、「カハコ」という句読点があり、文字の発音を変える役割があります。

ハワイ語に使用されるアルファベット…A, E, I, O, U, H, K, L, M, N, P, W

母音は英語の発音とは違い、日本語と同じように読むのが特徴です。
Aなら「ア」、Eなら「エ」、Iは「イ」、Oは「オ」、Uなら「ウ」と発音し、それぞれに長短の区別があります。子音が母音と一緒になると、日本語と同じ発音になります。例えばHaなら「ハ」、Heなら「ヘ」、Hiなら「ヒ」、Hoは「ホ」、Huは「フ」と読みます。

・オキナ
オキナは一般的にいうアポストロフィ「’」のことを指し、文字を分けたいときに使用します。オキナは「声門閉鎖音」とも呼ばれ、2つの母音の間で使用されます。ハワイ州の人々や伝統的にハワイ語を話す人は、オキナを話すときにも書くときにも使いますが、通常は文字化けの原因になりやすいことからインターネット上では使わないのが決まりです。ただし、いくつかのハワイの新聞や本ではオキナが使われていることがあるようです。
例えば「ラナイ(lanai)」という言葉をオキナが無い状態で読むと“ラーナイ(Lah-nigh)”となりますが、オキナをつけることによって「ラナ’イ(Lana’i)」となり、読み方は“ラナイー”となります。同じ単語でもオキナをつけることによって意味が変わってしまうので、注意が必要となります。
・カハコ
カハコは一般的にいうダッシュ「―」のことで、母音の上に付けて使います。
母音の音を伸ばすという意味の記号であり、発音が少し難しくなってきますのでコツを掴む必要があります。
ハワイ語の基本を覚えたら、ハワイアンミュージックを聞くなどしてみると、ハワイ語の特性が理解しやすくなるかもしれません。

ハワイの人気エリアガイド
オアフ島
ワイキキ
ハレイワ
カイルア
ホノルル
アラモアナ
ハワイ島
カイルアコナ
ヒロ
キラウエア火山
マウナケア
ホノカア
マウイ島
ラハイナ
カアナパリ
ワイレア|キヘイ
ハレアカラ国立公園
ラナイ島
カウアイ島
ハナレイ
ワイルア
コケエ州立公園
コロア
ハナペペ
ハワイウェディングガイド
ブライダルエステ
和風挙式
マタニティウェディング
ファミリーウェディング
ガーデンウェディング
教会挙式のキホン
なぜこんなにハワイ婚が支持される?
有名人が挙式した教会・ホテル
フォトウェディング
ハワイの基礎知識
基本情報
天気予報と気候
時差と現地時間
電圧と変圧器
免税と税金
物価と旅費
チップの相場
ハワイの樹木
ハワイ土産 new!
カルチャー
歴史
ハワイ語
ハワイアンミュージック
花と植物
検定・クイズ
ハワイに伝わる名言・格言
日本と似ているハワイの格言
写真
ワイキキの地図
投稿写真
広告・PR



pagetop