ブライズメイド&アッシャー | ハワイウェディング口コミサイトマイカイ!

ハワイウェディングの口コミ情報サイト-マイカイ!-
ロイヤルカイラウェディング
マイページログアウト
トップページ > ハワイウェディングガイド ブライズメイド&アッシャー

ブライズメイド&アッシャーハワイ
ウェディング
ガイド

ハワイウェディングを盛り上げよう!

通常のエステとブライダルエステの違い一生の思い出に残る素敵なウェディングにしたい。多くの新郎新婦が望むことです。 それでは、どうすればハワイウェディングが盛り上がると思いますか? さまざまな方法がありますが、おすすめの方法の1つが、ブライズメイドとアッシャーです。それでは、ブライズメイドとアッシャーがどのようなものなのか、見ていきましょう。

ブライズメイドとは?

新婦のサポート役
人気の部位ブライズメイドは、新婦の友人や親族から選ばれる2~5人ほどの未婚の女性たち。人数が多いほど結婚式のステイタスが高いと言われています。彼女たちの役割は、ウェディングドレス姿で動きにくい新婦のサポートを行なうこと。 ブライズメイドは、白以外のお揃いのドレスとブーケで結婚式に華を添え、盛り上げます。新婦が移動する際のお手伝いをしたり立会人となったり、さまざまな役割をこなします。 特にブライズメイドのリーダーは「メイド・オブ・マナー」と呼ばれ、新婦と一番仲が良く信頼している女性が選ばれます。メイド・オブ・マナーの役割は、挙式の時にドレスの裾を整えたり、新婦のブーケやグローブを預かったり。重要な役どころです。

ブライズメイドの起源
中世のヨーロッパでは、花嫁の幸せをねたむ悪魔が出ると言われていました。そのため、同じような衣装を未婚の友人や親族に着せ、悪魔の目をまどわせたのです。 本来のブライズメイドの役割は、結婚式当日だけではありません。花嫁を祝福する前祝いパーティー(ブライダルシャワー)を企画するのも大切な仕事。女性だけで集まり、お茶を飲みながらおしゃべりを楽しみます。新婦はプレゼントを開けて場を盛り上げながら、結婚式への気持ちを高めていくのです。

アッシャーとは?

アッシャーは、新郎をサポートする未婚の男性で、正式名称は「グルームズマン」。人数はブライズメイドと合わせます。結婚式当日は、おそろいの衣装でサポートするのが基本。アッシャーのリーダーは「ベストマン」と呼ばれ、新郎と一番仲の良い信頼できる男性が選ばれます。 アッシャーの仕事は、バージンロードを敷いたり、ブライズメイドやゲストをエスコートしたり。披露宴では進行のお手伝いをすることもあります。結婚式当日だけでなく、二次会を取り仕切るのも、新郎の独身時代の最後の日を企画するのもアッシャーの仕事。さらにベストマンは、これらの中心的役割をこなすことになるのです。

ブライズメイド&アッシャーのおすすめ衣装

ブライズメイドやアッシャーは一般的には「おそろいの衣装」を着用しますが、全く同じでなくても大丈夫です。例えばブライズメイドなら、ピンクや黄色、水色など、色だけを指定して自由にドレス(ワンピース)を着用してもらうことも多いです。 ハワイウェディングなら、おそろいのムームー・アロハシャツを着用するのも素敵。色だけ指定しておけば、それぞれの個性を感じる衣装になることでしょう。

ブライズメイドやアッシャーにおすすめの服装は、ハワイで探すと当日までにお気に入りの物が見つからない可能性も。前もって、インターネットで購入しておくことをおすすめします。


ハワイの人気エリアガイド
オアフ島
ワイキキ
ハレイワ
カイルア
ホノルル
アラモアナ
ハワイ島
カイルアコナ
ヒロ
キラウエア火山
マウナケア
ホノカア
マウイ島
ラハイナ
カアナパリ
ワイレア|キヘイ
ハレアカラ国立公園
ラナイ島
カウアイ島
ハナレイ
ワイルア
コケエ州立公園
コロア
ハナペペ
ハワイウェディングガイド
ブライズメイド&アッシャー new!
ブライダルエステ
和風挙式
マタニティウェディング
ファミリーウェディング
ガーデンウェディング
教会挙式のキホン
なぜこんなにハワイ婚が支持される?
有名人が挙式した教会・ホテル
フォトウェディング
ビーチウェディング
ハワイの基礎知識
基本情報
天気予報と気候
時差と現地時間
電圧と変圧器
免税と税金
物価と旅費
チップの相場
ハワイの樹木
ハワイ土産
ハワイでの体調不良
カルチャー
歴史
ハワイ語
ハワイアンミュージック
花と植物
検定・クイズ
ハワイに伝わる名言・格言
日本と似ているハワイの格言
写真
ワイキキの地図
投稿写真
広告・PR



pagetop